彼氏・彼女が即出来ちゃうサクッと相手を探せるであいけいサイトはこちら

最新情報

生涯未婚率

<更新日時> 10月21日(火) 12:51

生涯未婚率、という数字があります。
これは、国立社会保障・人口問題研究所という機関が、「人口統計資料集」という資料で発表する数字で、年ごとの50歳時の未婚率を算出したもの。
詳しくはそちらのサイトを参照頂きたいのですが、資料を見ると毎年本当に順調に未婚率が上がって行っているのが一目瞭然です。
1965年で、男性1.50%、女性2.53%だった未婚率が、45年後の2010年になると、何と男性20.14%、女性10.61%と飛躍的に増加しています。
この数字、増加していることもわかるのですが、もうひとつ、男性がいかに余ってしまっているか、もわかりますね。
まさに、「男はつらいよ」という感じです。
ニュースなどでもさんざん耳にタコが出来るくらいお聞きの通り、先進国は未婚化・晩婚化が進んでいるということが、数字の上でも明らかですね。
では、そんな中出会いを求める男はどう戦えばいいのでしょうか?
やはりここは出会い系サイトの出番のようです。
このサービスのいいところは、とにかく様々な媒体を利用した広告展開で、ともかく出会いを求める女性をかき集めてくれている点にあります。
これだけは、リアルの世界では不可能なこと。
さらに、その女性たちに片っ端からアプローチすることも当然オーケー。
現実世界、特に社内なんかでそれをやった日には、遠くない将来に辞表を書く日が来るでしょう。
時間を65年に戻せない以上、現代の我々は、やはり出会い系サイトに登録するのが賢明かもしれません。
景気の良い時代は、冬はみんなでスキー・スノボ、夏はマリンスポーツと、なんだかんだと理由をつけては遊びまくってましたよね。
40歳オーバーの方なら、大なり小なりバブルの夢を見た方が多いことでしょう。
その頃はみんな消費することに一生懸命で、もちろん男女の出会いもいたるところで行われていました。
ユーミン、サザンに代表されるこんな時代を懐かしむ私達世代、毎日が本当に余裕がありました。
会社の業績も常に右肩上がりだったので、何をやってもうまくいくし、多少の失敗があっても下手に転職されても困るのでそんな深刻な展開はあまりありませんでした。(転職先なんていくらでもあった!)
色々な要素がプラスに転じ、好循環することで、あんな時代が出来たのかもしれません。
でも、でも、でも、今はどうでしょう?
はい、全くそんな光景はどこにもありません。
イベントと言えば増税くらい。
多少の景気回復?そんなもの大企業のお方々ばかりでしょ?
我々庶民は、毎日毎日バブルの頃の余裕社会とは真逆に、余裕のない社会で、面白みも男女の出会いも無く、生きるしかないのでしょうか?
いえ、ノーです。
我々には出会い系サイトがありますよ!
お手頃な料金で、近所の見知らぬ気の合う異性と出会えるサイト!
こんな余裕のない社会に生きる我々庶民の偉大なる味方と言えるでしょう。
これを使わない手はありません。
しかも、大手サイトならだいたい入会時の無料ポイントが手に入ります。
とりあえずそれを使って、ひと通りの有名サイトで遊んでみてはいかがでしょうか?

社会人の出会いは難しい

<更新日時> 10月21日(火) 12:52

社会人になって出会いがすっかり無くなったなぁ・・とお考えの皆さん、今日は少し今の状態を考えて見ましょう。
ある程度以上の年代の人なら誰でも経験しているはずですが、
第一段階 : 社会に出たばかり
      給料がもらえるようになり、学生時代よりも金回りが良くなる。
      むしろ、学生時代よりも遊ぶ毎日。
第二段階 : だんだん増える勤務先でのプレッシャー
      少しずつ勤務先での責任が増えて来て、ストレスと残業激増。
      遊ぶ気力が無い毎日。
第三段階 : 周囲から聞こえてくるウエディングベル
      一人目、二人目、と結婚式に呼ばれ始める。焦るオレ。
第四段階 : 気がつけばオレだけ一人
      友達はすっかり所帯持ちばかり。男友達ですら遊ぶ相手もいない。
      一人寂しく、当然出会いなんて全くない毎日。
こんな感じに「社会人の出会えない状況」が分類出来ます。
最大の問題は、第四段階に進んでしまった皆さん・・なのはお分かりですよね。
この状態になったら、焦ってジタバタしても仕方がありません。
とりあえず、出会い系サイトに登録しましょう。
って、「この歳で今さら出会い系?それは若い頃にやって、もう卒業したよ?」なんて答えが帰ってきそうです。
でも、まぁ登録は無料ですし、どこか大手のサイトに登録してみて下さい。
そうすれば、自分に釣り合う年代の女性が普通にいることがわかるはず。
とは言え、若いうちの方に出会いを探した方が有利であることは、事実ではあります。
とりあえず今日は、無料登録までしてみませんか?
知り合いの女性に「誰かいい人いない?」などと聞かれると、正直困ってしまいますよね?
『確かに自分の男友達の中にも、口癖のように「いい女いねえ?」なんて言っているやつは一人や二人いる。でも、そいつらを紹介してうまく行けば良いけど、万が一トラブルとかあって飛び火して来られても困っちゃうしな・・。まぁ、今回は思い当たる人がいないなぁ、とか言って断っちゃえ・・。』
なんて思ってしまうのが、普通。
これが学生という気楽なご身分だったら、多少のトラブルが起こったとしても(というか最初からあまり考えすらしないでしょうが)さっさとずらかってしまえば良い、と考えるので、実際に彼女のいない友達がいたら、紹介しているはず。
でも社会人ともなると、心身ともに余裕も時間もなく、ついつい億劫になりがち、なのが本音。
さて、自分のことに置き換えてみましょう。
こんな事はちょっと考えればわかるし、聞いた相手を困らせてしまうのも想像がつきますよね?
にも関わらず、あなたはお気楽に「誰か良い娘いないか〜? 良い娘紹介してくれよ〜!」などと古くからの友達などに迫ったりしてないでしょうか?
もう一回言います。
多少ならともかく、しつこいと本当に迷惑な行為なのです。
それに、友達からの紹介って遊びまわってる学生だからこその技ですしね。
では賢明な大人の男はどこで彼女を探せば良いんでしょう?
はい、もうおわかりですね。
出会い系サイトです!
では今日も頑張って、良い出会いを探しましょう!

最新の投稿

アーカイブ

サイトマップ

カテゴリー

運営者情報

サイト名 彼氏・彼女が即出来ちゃうサクッと相手を探せるであいけいサイトはこちら
運営者 kifuj事務局
代表 太田 秋彦

お問い合わせについて

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文